トップ 10 Countries That UK Nationals Visit

トップ 10 Countries That UK Nationals Visit

海外旅行のための英国の情熱は、ほぼ20年間で最大のサージを経験しています, with Britons making more than 36.7 million trips to foreign countries as at 2016 with the prospect of increasing at a greater percent in the year 2017.

The concept of taking a break from work to travel is no longer just for an elite few. Taking time off has now become more and more of a norm for individuals regardless of age. Survey has shown that only less than fifteen percent of people aged twenty-six and below have stated that they rarely go on holidays. At least forty percent of individuals go on one to two holidays in a year, and also fifty-five percent of Britons say that they have holiday plans for the summer and this number is expected to increase in the summer of 2017.

Conceivably, the reason for this trend is that more people are becoming aware of the value of rest and leisure. Taking a break can sometimes be directly linked to performance at the office. それゆえに, it has been shown to have a positive impact on employees.

Gone were the days that a vacation automatically meant travelling with the purpose of visiting family and friends. 今, more people travel to enrich themselves, be it to explore a new destination or to learn a new skill as few would say. At times, quite a fair number of people from the UK seeks to develop new healthy habits on their travels. In the category of countries whose citizens are more interested in going on fitness or wellness vacations like yoga retreats or martial arts retreats, 英国は二番目に高い数値として来て, 唯一のスペインの後ろに落ちます.

これはスペインを作ります, フランス, 英国人のためおよびその他の国で最も人気のある目的地, 前者への訪問の数から二十二%によって増加と共に 36.7 万人で 2015 へ 38.1 百万 2016. 統計は、休暇を含めます, 友人や親戚を訪問, 事業、その他, しかし、データは、休日は最も人気の理由であったことを示しています.

We have put together a list of the top ten countries United Kingdom people visits and their features which takes British people there; they are as stated below:

 

  1. スペイン

スペインは長い英国の行楽の寵児となっています, それは英国のナンバーワン休日のまま, 先. スペインで最も有名な追求があります, もちろん, まだマドリードとバルセロナの大都市圏の外で発生雄牛とマタドール闘牛のランニング. すべての最も有名なパンプローナEncierroです, これは7月の第十四に第六から毎年起こります. The origins of the celebration are logistical; it was necessary to transport the bulls from the cages to the ring, これが起こっていたとき、, young Spaniards would jump in amongst them to display their prowess.

In the modern day, participants (must be at least 18 years old) while running in the same direction as the bulls must abstain from inciting the bulls and are not allowed to take any alcohol. It is culturally rich because it’s had Greek, Roman, Muslim, Jewish, Celtic, Visigothic influence.

Spain is also one of the leading countries in sports. It is the second country with the most tourism because each part of the country is so diverse but evenly beautiful. 特に注目すべきなのです, マヨルカのバレアレス諸島, イビサ, そして、メノルカ, テネリフェ島などのカナリア諸島で美しいではなく、あまりにも知られているラ・ゴメラ、ラ・パルマと一緒に. 本土の他の偉大なビーチのターゲットは、コスタ・デ・ラ・ルスとカタルーニャあります.

スペイン北部の丘陵地帯と壮大な空のビーチを兼ね備えていても, 山岳, 中世の町や賑やかな都市, これは通常、ほとんどの観光客が見過ごされています. しかしながら, それは本物です, 大きな価値と食べ物は素晴らしいです.

There’s more to Spain than beaches like great walking holidays along with wine and gastronomy breaks and cycling. The rise of low-cost airlines has made it easy to enjoy taking breaks away from the city in places like Palma and Seville, both of which are rich in culture.

  1. フランス

France has an assortment of tourist interest spots like urban areas of cultural intrigue, 例えば, Paris, Lyon, Strasbourg, the Alpine mountains, ski resorts, shorelines, alluring French towns, fantastic gardens and stops, and more. イギリスとフランスの間の接続は、年間を通じて、その高いポイントと低いポイントを持っています, まだ減少なしですべてのもののフランスのヒントのための私達の愛情. チャネル・ポートからの地中海の島々へ, Francophilesは見つけるための新しいスポットの恥ずかしされることはありません. また, 私たちのお気に入りの休日の間にフランスの場所はコルシカとイル・ド・レッドのビーチです. あなたはフランスの少ない大都市圏でサイクリングを行ったり、パリで数日を過ごすことができます.

あなたは、いくつかのボトルを開いてクラックする言い訳をしたい場合, ワインツアーやシャンパンの週末を楽しみます, またはエピキュアの食事と一緒に豪華なホテルのボート上で田舎ロールをほどくと見ます, 高級ワインとjauntsすべての関係は、あなたの目的地にはブルゴーニュを含めます, プロヴァンス, そして、ガスコーニュ.

プライベートプール付きのあなたの賃貸ヴィラよりもフランスの田舎を楽しむの数より良い手段があります - 私たちの最も愛さスポットはドルドーニュが含まれます, プロヴァンス, そしてコートダジュール. ご予算に応じて、, あなたも一人でフレンチアルプスのスキーベンチャーことができます, または家族と一緒に, さらに, 山は信じられないほどの夏の宛先を作ります. あなたはフランスのシャトーをリースすることができます, そして冬でも, あなたはコートダジュールに昼間の長い日を見つけることができます, あなたはニースの永遠の優秀さを味わうことができる場所. 食べ物は驚くべきことです, そして、無関心の態度があるにもかかわらず、, フランス人はフレンドリーで歓迎されています. 同様に、, フランス人はファッションのセンスを持っています, 彼らのアクセント, 料理, 一般集団のライフスタイル, alongside the different landmarks to visit are what makes France extraordinary, and a destination country of British People

  1. 中国

China drives a culture shock in numerous UK visitors, yet preparing adequately for the trip makes the trip worthwhile. Knowing that food ought not to be eaten with the wrong end of a pair of chopsticks, liquor shouldn’t be taken without toast, and each bill must be haggled over. The Chinese are dedicated, bold, organized, savvy, family oriented, diverse and tolerating of other cultures. 彼らが訪問したり、他の国に滞在する場合, 彼らは自分たちが勤勉と行儀であることを証明します.

最も勇敢な旅行者のための, 準備シベリア横断特急に乗って中国とロシアの長さを横断するように考え、それをあります. 旅は、わずか7日間かかります, それがすべてでクロスカントリー飛行のようではないためか、それは限り、あなたが必要として取ることができます, それが途中で行われ、いくつかの観光で下車することも考えられるのです.

  1. イタリア

いくつかのための, イタリアは、自分の人生の夢の地の一つであります. とともに 50 ユネスコ世界遺産, 多くの文化財, 建物, ローマ帝国とルネサンス年代からと遺跡, 国の北部にある趣のある高山村や町と一緒に、南に地中海沿岸を魅惑, イタリアは、当然のことながら、世界で最も訪問された国の一つであります. その最も訪問された都市はローマを含めます, ヴェネツィア, フィレンツェ, ミラノ, 彼らのアトラクションを持つすべての, 歴史, 文化と古代文化, 素晴らしいビーチ, fantastic food and charming people; it’s no surprise that so many Britons decide to spend our holidays in Italy.

甘い生活を味わうために、, 英国人はローマの都市コミュニティのためのビーラインを作ります, フィレンツェ, そしてヴェネツィア - 古い学校のスタイルの追加ダッシュのために, あなたも田舎で、ビーチに近い巻き戻し滞在のためにエクスプレスにヴェネツィアに行くことができます, プライベートプール付きのヴィラをリース. 英国の人々のためのもう一つの目的地はウンブリアであります, イタリアの優れた地区. これは、中世の市場町の自慢します, 壮大なブドウ畑やルネサンスの信じられないほどの作品 - と観光客で手つかずです. ビーチの愛好家は圧倒されています 500 南部のプーリアの海岸線のマイル, その偉大なアーキテクチャを持ちます, フード, そして、ワイン. トスカーナは、行楽客に囲ま当然有名です, まだあなたはまだ別荘をリースすることにより、破裂人ごみから離れて取得することができます.

イタリアの湖は、英国からの旅行者の膨大な数の部分に引っ張ら, そして彼らはよくその優れた設定のために知られているに保ちます, mountain views and excellent transport links for visiting nearby attractions.

The lesser-known zone of Le Marche offers all that you would anticipate from Italy – awesome beaches, noteworthy and historical royal residences and displays loaded down with masterpieces. The island of Sicily blends historical sites with a ravishing coastline, while Sardinia has the nation’s best beaches, and the Amalfi Coast is an incredible base from which the British people visit Sorrento, Capri, Mount Vesuvius and Pompeii.

  1. ギリシャ

ギリシャは素晴らしい国です, 何千年もの間戻って素晴らしい歴史を持ちます, これは我々が今日それを知っているように、世界の基礎を確立. 美しい建築物と, おいしい食べ物, 素晴らしい人, この国は、英国の訪問者のための選択肢の上位国の一つとして認識されるに値します. また, この国の現代の生活は、すべてのシーズンを通して信じられません, 特に夏の間, グランド博物館, 下の青いサファイアの海と太陽の下で輝く白い建物. 単純, 平静, 調和, サンダルと白のリネンを着用し、すべての夏はギリシャのノルムある身に着けています. ここに, それはすべての海についてです, ワイン, 日の入り, 人生の愛と愛の生活. 古典ギリシャ語の日は、あなたが景色や山を見て目を覚ます日です, あなたがステップの土地の歴史は生命に来る神話があるという知識を持ちます. 喜び, 戦争, ファンタジー, 侵入, 根気, お祝い, 一つはギリシャで退屈残されることはありません, 今、それが提供するので、多くを持っていること. ギリシャの休日はすべてのシンプルさについてです.

最近の経済危機にもかかわらず、, 約 6.5 million trips were made from Britain to this country in the last year alone. With its food which is a masterpiece of simplicity, both traditional and healthy, the whitewashed villas, the welcoming tavernas, the hot sun and blue seas that keep the people of the UK coming back year after year.

Corfu’s villas never lose their appeal. If you’re looking for the classic small Greek island, Paros, which has no airport and is a fabulous place for lazy days, boat trips, そして素敵なヴィラは非常に以前の英国の旅行者が推奨しています.

  1. ドイツ

ドイツの巨大なサイズ, ユーロ圏の中の状態, そしてその人の30%が自分の本来の土地で彼らの休暇を過ごすということは、同国の観光産業は、紛れもなく膨大であることを意味します. 中に 2012 単独の国における4億一晩の訪問の上にありました, これは今年の毎晩に万人の10を超える来場者に沸きます. The hospitality industry is so large that it makes up for about five percent of Germany’s GDP, and provides a job for a similar percentage of the German workforce.

Because of its size, and varying geography there are varieties of attractions, from Bavaria’s sunny beer gardens to Berlin’s notorious night-life. Anyone considering visiting Germany this year would also be advised to visit the Berlin Wall, それは8月に平和革命のデモンストレーションの後にその没落の25周年であるとして、 1989.

  1. アメリカ合衆国

米国は国際的な訪問者に魅力の多くを提供する大規模な国です. 米. ニューヨークなどの都市, ロサンゼルス, ラスベガスは、一年を通じて観光客で活気づきます. ここでの主な自然の観光スポットには、グランドキャニオンを含み、, イエローストーン国立公園, アラスカの亜寒帯の不思議, ハワイのビーチやより. アメリカは、英国の行楽客のための最も魅力的な長期先であります, そして、それは理由を理解することは難しいことではありません. USAは、その利点を持っています, 景観の臨時多様性, 思い出に残る文化的観光スポット, フレンドリーな人々と素晴らしい料理.

ニューヨークでの米国の休日のための明白な出発点であるその 24/7 ストリートレベルのスリルのヒットと高い文化. あなたは、大西洋横断の旅に到着することができます, ラスベガスでのビッグアップルを含みます, 以上の平和ニューヨーク州北部に街を脱出. ニューイングランドにまで行くことだけでなく、非常に魅力的です.

あなたは完璧な2週間のフライドライブを決定するかどうか, コーチツアーや道路の旅, あなたはあまりにも多くのキロメートルのために移動しなくても多くのことを参照してくださいよ. ほとんどの旅行は始まるやボストンの終わりとケープコッドへの小旅行が含ま, アメリカの有名な海辺の隠れ家.

東海岸の他の主要なサイトには、ナイアガラの滝、ワシントンD.Cが含まれます. 英国の休暇もバージニア州を車で通過することができます, 南北戦争の経路を引き返します, またはDCを訪問, 単一旅行でフィリーとニューヨーク.

ラスベガスで人気の目的地である一方、中西部はアメリカの心臓部であります, フライドライブ上のグランドキャニオンと容易に混合. 米国を探索する素晴らしい方法は、モバイル・ホーム・ユニットを借りることです. 西は、あなたは素晴らしい国立公園を見学したりルートを下る可能性が道路の旅行のために有名な地域です 66, そして英国の行楽は、そのを利用することが知られています.

  1. トルコ

それもその豊かな文化の祖先と民族の多様性のために認識されています. 国は、過去の膨大な数に濃縮されています, 地中海やエーゲ海沿岸の文化や遺跡や魅力的な海辺のリゾート. 価格について, トルコはユーロ圏からの除外の恩恵を受けています. トルコ西部のイスタンブールの街は、以来、東洋と西洋の文化の間の接続点となっています 660 紀元前. 現在, 市は、世界で急成長している大都市圏の一つであります, 街のモスクのエレガントなドームとミナレットで飽和大沿岸都市部の5,343km²と. グランドバザールのような場所, ブルーモスク, だけでなく、シスタンはすべての夏の間は訪問者の多くを引き付けます, しかし、英国からの抜け目のない旅行者は、市が離れてピークヶ月からずっと平和であることがわかります.

ことは、それが得るようなこと, トルコの観光業は、その素晴らしい街に限定されるものではなく、. 全国の沿岸地域は徐々にビーチでいくつかの時間を過ごすことを望んで、英国の旅行者に引いています, そして、カッパドキアの岩の上に信じられないほどの熱気球に乗るには、solitarily楽しい経験であります.

Although the economy suffers from inflation and isn’t as cheap it was 20 years ago; it still compares auspiciously to its western neighbors. トルコはヨーロッパ有数の海岸線のいくつかを持っています, 大部分は適度に汚染されていないまま、あなたはめったに遠くに有名なローマ時代の遺跡や壮大なモスクからです. ほとんどの夏の太陽を求める人々はいえ海岸に直行, イスタンブールの短い休憩を見逃すことはないはず, 好ましくは、春や秋に.

  1. ロシア

ロシアは正当英国人旅行者の最も訪問された国の中で傑出しています. Both nature and social tourism are prominent in this country. Lake Baikal, volcanoes of Kamchatka, the Black Sea coasts, the Ruskeala Canyon, and cold mountains of Altai are a portion of the natural attractions in this nation. Cultural areas of attraction here comprise the urban regions like Moscow, St. Petersburg, Novosibirsk, Novgorod, Kazan, and others with their various places of worship, exhibition halls, historical structures, theaters, royal palaces, strongholds, and different destinations saturated with hundreds of years of history.

ロシアの観光の悪評がでている方法から明らかです 2013, 約 28.4 万人の行楽客は、と国民に行ってきました $11.2 億ドルはその年、ロシアの観光産業で世界的な観光収入として生成しました. 中に 2014, 29.8 万人の旅行者が国で彼らの休暇を過ごしました. 周りに 966,600 ロシア連邦の職業は、全国での旅行・観光産業を対象としています.

  1. タイ

タイ, その晴れと微笑みの国, 砂浜, 熱帯の島, 豊富な野生生物, 遺跡, 寺院や僧院, and more which makes it a global tourist hot spot, continues its dramatic rise from travelershaven to a standard holiday favorite. The appeal to British visitors is evident with beautiful countryside and beaches, exceptional food, friendly citizens and low cost of living. Thailand additionally has a fascinating and unique cultural heritage, effused by Buddhist ideals. And Bangkok, the capital, effervesces with energy and vitality.

これは、最も注目を引くの島です, しかしながら, プーケットは、ほとんどの観光客に持ち込むと. そのホテルの大半は、非常に絶妙である世界クラスです. シャム湾もあります, サムイ島の静かな島にはいくつかの魅力的な小さいながらも豪華なホテルがあります, そしてその隣パンガン島には、最大であります.

 

結論

私たちは、上記の国は、各国が次々に彼らの倫理を示すとイギリスによって最上位の訪問国であることをあなたに示しています. 思い出に残る休日によく計画予算と国の習熟の感覚を使用すると、あります, 国を訪問し、彼らの様々な価値を知ることは、あなたの一生の間にあなたの知識や充実感を向上させることは間違いありません.

今度の夏の休日を計画して、あなたの家族と思い出深いものではないのはなぜ, 英国人のための希望の目的地として、上記の国のいずれかで、.

 

続きを読む

https://www.thetoptens.com/countries/

http://www.101holidays.co.uk/top-10-holiday-destinations/

 

返信を残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません. 必須フィールドは、マークされています *

このサイトは、スパムを減らすためにAkismetが使用しています. あなたのコメントデータが処理される方法を学びます.